大事なお金を金融機関の担当者に言われるがままに運用している
という方が多いと思います。

freee151108039472


私の知っている3億以上金融資産を持つAさんは、私が理解できない投信(東京で投信アナリストしていました)を1億購入していました。



目論見書を読んだのですが、どういう仕組みで利益が出るか分かりませんでした!Aさんどころか販売した方も理解していないと思われる複雑な投信です。
 
 


投信の手数料3.15%,信託報酬1.5% 
1億円この投信を購入すると
・販売手数料315万
信託報酬額10年で1200万(投信時価が10年間平均8000万で算出)

合計で10年間で1515万払う(元本から減る)ですが、Aさんが何をしたいのか分からない!

販売したのは50代の証券ウーマンだったのですが、
誕生日とバレンタインにプレゼントを持ってくるから断われないとのこと。

Aさんは、自分がカモになっていることに気づいていませんでした。
その後どうなったかは・・・・ご想像におまかせします!!!

1億でなくても、1000万、100万でもカモになっている方々が全国に増えてきています。

銀行で投信を販売するのは、お客様の利益ではなく、
マイナス金利で収益が上がらないからです!


言葉は悪いですが、金融知識の無い人からむしり取るイメージです。

金融庁の森長官が、先日の講演で金融機関の運用ビジネスを批判していますが、金融機関の収益は厳しくなるので、今からもっとひどくなるような気がします。

・地方銀行の証券子会社設立

・FP(ファイナンシャルプランナー)を増やす


というニュースをよく聞きますが、お客様よりも金融機関の論理でお金を失う可能性大です。
00_PP38_PP


前述したAさんのように資産を減らさない為にも、
あなたの自宅を訪問する金融機関の担当者が

金融のプロなのか?素人なのか?
理解しないといけません。

そこで、今後2回にわたって、

あなたの担当者は金融のプロか?


チェックすべき点を指摘したいと思います。