今年の箱根駅伝で優勝した青山学院大学陸上部の原晋監督の初の自著「魔法をかける」を読みました。

image



4000日に及ぶ青学の優勝までのプロセスが書かれています。
原監督がサラリーマン人生で学んだ営業能力を大学駅伝に応用させていたことがよく分かりました。

サラリーマンが参考になることとしては、

1.短・中・長期に目標を設定する
2.目標には数値を入れる
3. 結果からプロセスを見直し、目標を再設定する
などが書かれています。

日本では、仕事やスポーツにおいて精神論を唱える風潮があるので、原監督のような理論的な経営者やスポーツ指導者が増えることが望まれますね!!! 

来年も「わくわく大作戦PART2」期待しています。

魔法をかける アオガク「箱根駅伝」制覇までの4000日

新品価格
¥1,296から
(2015/5/18 19:06時点)